GMOコイン 国内取引所

GMOコインのステーキング報酬、ソラナの利率は高いのか??

2023-09-13

今、仮想通貨(暗号資産)の資産運用の一つとして、チャート分析を必要とするトレードに依らず、保有するだけで運用できるステーキングやレンディングに注目が集まりつつあります。

ステーキングとレンディングになると、少し知識が曖昧といった感じの方がいらっしゃるようです。

また、全ての取引所に、これらのサービスが提供されているわけではないので、始めてみたいけど、どこの取引所が良いのか疑問に思っている方に、解説していきます。

よう♪(筆者)
このブログの執筆をしている、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) ブロガーと、言います。

ブログトップへ

国内の取引所の口座のプロモーション10社と提携、多数のステーキングの記事を展開しています。

本記事の内容

  • GMOコインのステーキング
  • GMOコインのステーキングと他の取引所との比較
  • 【レンディング】貸暗号資産プレミアムが年率15%(証拠金預け)

では、早速いきましょう。

読みたい記事に飛べます

FXプライムと合併してどうする?GMOコインの取り扱い通貨は

2023年9月2日より、GMOコインとFXプライムと合併して、暗号資産とFXの総合的なプラットフォームへ。その、GMOコインの取り扱い通貨は、27銘柄へ。

よう♪(筆者)
アスターが国内で2例目で、しかもステーキング対応しているね♪

GMOコインはASTAR(アスター)・ソラナ(SOL)をステーキング対応【仮想通貨】

GMOコインは、アスター(ASTAR)を、国内ではビットバンクに次いで、2例目として上場させた。

直近では、ミームコインであるドージコイン(DOZE)を上場、なおシバイヌ(SHIB)の上場はない。

また、ソラナ(SOL)を、すでに販売所には上場させていたが、取引所においても上場させ、2023年10月6日に、ソラナをステーキング対応としました。

今後、注目されるステーブルコインですが、DAIの取り扱いがあるのが、GMOコインの一つのポイントとして押さえたい。

>>【GMOコイン】アスター(ASTAR)のステーキングを見てみる

GMOコイン・アスター・ステーキング

アスターのステーキングは、オーケーコインジャパンでも対応しており、後にソラナのステーキングに対応すると思われます。

ただ、GMOコインとオーケーコインジャパンとでは、ステーキングのやり方が違い、ステーキング報酬の利率の比較がやりにくいので、下記の記事では実際の利率の計算式を公開しています。

こちらもCHECK

オーケーコインジャパンのステーキング報酬の計算は?実際の利率は?

各取引所がステーキングサービスを拡充している傾向がありますが、取引所によりステーキングのやり方が異なり、またステーキングの利率・利回りを月次の実績値で公開している場合や、想定の年率で表記しており、比較 ...

続きを見る

GMOコインの取り扱い通貨の特徴3選

GMOコインの取り扱い通貨数は、国内取引所を横断的に見て、多い取引所といえる。

  1. ステーキング銘柄を揃えている
  2. ステーブルコインも上場させている
  3. 国内プロジェクト、ASTAR、MONAを上場
よう♪(筆者)
ステーキングもステーブルコインも押さえてるなぁ♪
G BTC
ETH
XTZ
ADA
MKR
SAND
BCH
LTC
QTUM
ENJI
DAI
LINK
FIL
XRP
XEM
DOT
ATOM
FCR
ASTR
FLR
XLM
BAT
XYM
MONA
DOGE
SOL
CHZ
M
O

 

GMOコインのステーキング銘柄数は?レイヤー1のステーキングに期待!

ソラナ(SOL)ステーキング

GMOコインのステーキング銘柄数は、8銘柄で、SBI VCトレードのステーキング取り扱い数は9銘柄です。

現在は、ビットバンクの関連企業のコイントレードが、国内で最多取扱い数となっています。(2023年11月29日現在)

※【国内最多数表記について】2023年11月29日時点の国内暗号資産交換業者のWebサイト調べです。

GMOコイン アスター クアンタム シンボル テゾス
ポルカドット カルダノ コスモス ソラナ

GMOコインは、取り扱いステーキング銘柄の8つの通貨のうち、2銘柄が国内で独占のものとなっています。

>>GMOコインのステーキング報酬の詳しい利率を、SBI VCトレードと比較して解説

GMOコインのステーキング利率と比較がし易いのは、SBI VCトレードとビットポイントですので、参考に見てみるのがおすすめです。

よう♪(筆者)
まぁ、コイントレードと比較してみるのも面白いですよ♪

コイントレード ステーキング利回り

GMOコインのステーキング銘柄の特徴は

各国内取引所のステーキングサービスの拡充はこれからですので、取引所のステーキング対応銘柄は、まちまちですが、GMOコインだけが対応している銘柄は下記のものとなっています。

  1. クアンタム
  2. シンボル

また、ビットバンクに次いで、アスターを上場させましたが、ビットバンクにはステーキングサービスはなく、GMOコインが国内初でステーキングサービスを開始しました。

【期待!】国内プロジェクトのアスターとMONA(モナコイン)は上場させてもパレットトークンの取り扱いが無い!

GMOコインは、国内プロジェクトであるアスターとモナコインを上場させていますが、パレットトークン(PLT) の上場はなく、他の取引所のオーケーコインジャパンや、コイントレードではステーキング銘柄として対応しています。

よう♪(筆者)
パレットトークンのステーキング対応に期待したいですね!




>>【GMOコイン】のステーキング利率を見てみる

ところで、ステーキングと貸暗号資産(レンディング)の違いわかる??

GMOコインのステーキングの対応銘柄を解説しましたが、中にはステーキングとレンディングの違いが曖昧な方もおられると思いますので、簡単に解説します。

この本記事にたどり着いて、お読み頂いている方は、ステーキングの知識がある程度ある方だと察しますが、念の為、ざっくりと解説します。

【仮想通貨】ステーキングとレンディングとは?どちらもほったらかしでOK!

ステーキングとは、特定の仮想通貨プロジェクトにステーク(賭け)することで、その際に取引所が主体となって、まとめてネットワークにステークして、その際の取りまとめたことに対しての手数料を差し引かれて、保有者にステーキン報酬が支払われます。

レンディングは、取引所に貸すこと対しての使用料、利用料をもらうという形で、消費貸借契約という形で、”貸し借り”の対価をもらうということになります。

  • ステーキング報酬を払うのは、その仮想通貨プロジェクトで、取引所が手数料もらって代行する
  • レンディングは、取引所が主体で、保有者から借りたものへの利用料を払う
ぎもん君
ステーキングは自由な感じで、レンディングは制約があるって感じ♪
ステーキング レンディング
申込み 不要・必ず参加できる 必要・抽選になる場合もある
対象数量 設定なし 上限・下限あり
期間(募集開始・終了日) 無期限 募集時に期間の設定
年率 変動的(受け取り時・期限日) 募集時に確定
売却・出金の可否(中途解約) 可能 不可

レンディングとステーキングの違いについて、別記事でも解説していますので、参考にされてみてください。

レンディングとの違いは?

仮想通貨(暗号資産)を、激しくトレードしなくても、暗号通貨を貸し出すことで、貸借料で資産を運用することは可能です。これと類似しているサービスにステーキングというものがあります。 よう♪(筆者)色んな名 ...

続きを見る

GMOコインの貸暗号資産ベーシックとは

GMOコインには、2つの貸暗号資産(レンディングサービス)のプランがあります。

  • 貸暗号資産ベーシック
  • 貸し暗号資産プレミアム

GMOコインの貸暗号資産とは、言い換えるとレンディングサービスとなります。

最大年率は10%で貸し出しコースが期間を区切って、短期間でのレンディングが可能で下記となります。コインチェックの貸暗号資産では、最長1年間コースで年率5%のものがあり、比較すると比較的、期間は短いものとなっています。

  1. 3ヶ月コース(年率3%)
  2. 1ヶ月コース(年率1%)

少額からの投資が可能で、GMOコインの取り扱い通貨全てが対応となります。

GMOコインのレンディングの年率とSBI VC トレードの年率は比較し辛い、その理由は?

証拠金を入れればGMO貸暗号資産プレミアムは、ビットレンディングより高年率!

GMOコインには、証拠金を入れれば年率15%以上の【証暗号資産プレミアム】も利用することができます。

ただし、対象となるのは、ビットコイン・イーサリアム・リップルの3通貨のみとなります。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. リップル

レンディングで15%以上は高利率、しかも国内取引所だからハッキングのリスクが少ないです。

>>【GMOコイン】の貸暗号資産プレミアムを見てみる


国内の取引所は、どこもレンディングサービスを提供していますが、なかには民間の企業がレンディングサービスを提供しているところもあります。

ステーキングは、国内取引所に依頼して、ビットレンディングという民間のレンディングサービスプラットホームで運用しているという方もいます。

GMO貸暗号資産プレミアム(15%)とビットレンディングを比較すると

GMOの貸暗号資産プレミアムは、証拠金を預けるという形になりますが、ビットコイン・イーサリアム・リップルの3通貨の限定ですが、年率15%、そしてビットレンディングだと、ビットコインとイーサリアムが対応通貨ですが、ハッキング等のリスクを考えると、GMOの方が安心感があると言えると思います。

GMOコイン BTC ETH XRP
よう♪(筆者)
GMOコインとビットレンディングで分散投資もありですけどね♪

>>ビットレンディングの年率の確認は公式サイトへ

ビットレンディング BTC ETH USDT
USDC DAI

こちらもCHECK!

リップルのレンディングも可能になったPBRレンディング

国内取引所の提供するレンディングサービス(貸し暗号資産・貸しコイン・貸して増やす)と民間企業が提供するレンディングサービスプラットフォームであるPBR lendingを比較して解説します。 ぎもん君国 ...

続きを見る

最後にまとめ(GMOコインのステーキングとレンディングまとめ)

GMOコインは、国内でのステーキング対応銘柄数としては、トップクラスといえ、レンディングサービスには2種類あり、証拠金を入れることで高い年率の利用料がもらえるサービスがあるのが特徴的です。

国内プロジェクトであるアスター(ASTR)を、ステーキングサービスに国内初で取り入れ、まだ、国内プロジェクトである、他の取引所で対応しているパレットトークンの上場や、フィナンシェトークンの上場にも期待したいところです。

保有しているだけで、激しいトレードをしなくても資産運用が可能なオールマイティーな取引所といえ、積立サービスなども併設されているので、上手く利用して資産効率をあげることが可能と考えられます。

よう♪(筆者)
長々と、お読み頂きありがとうございます♪

この記事を書いた私は、仮想通貨取引所の口座開設プロモーションを、国内取引所10社とレンディングサービス(ビットレンディング)を提携してブログ運営をしています。

トップ画面へ

よく読まれている記事

1

今後、トレンドになるであろうDePIN銘柄(ディーピン銘柄・デピン銘柄)、2024年2月には、ファイルコイン(FIL)がソラナとの提携が報じられ、DePIN銘柄の注目度が上がっています。   ...

2

2024年の注目銘柄カテゴリーのRWA銘柄の解説と、国内の取引所でトレードが可能かについて、本記事で解説、次のトレンドへの仕込みへの一助になれば幸いです。   よう♪(筆者)よう♪注目が集ま ...

ソラナ(SOL)ステーキング 3

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。   ぎもん君コイントレード?あ ...

SBI VC トレードステーキング 4

2024年1月31日にフレアートークン(#FLR)のステーキングも追加、これで、ビットバンクの関連企業のコイントレードのステーキング取扱数と並ぶ形になる。 SBI VC トレードは、ステーキング手数料 ...

5

本記事は、ブログ筆者の私の備忘録的に、気になる銘柄なども、勉強のアウトプット目的で、殴り書きで書き留めたもで、読みやすさ、見やすさがないものとなっておりますが、ご容赦くださいませ。 よう♪(筆者)Xで ...

6

国内取引所の提供するレンディングサービス(貸し暗号資産・貸しコイン・貸して増やす)と民間企業が提供するレンディングサービスプラットフォームであるPBR lendingを比較して解説します。 ぎもん君国 ...

ソラナ(SOL)ステーキング 7

2023年後半、アバランチやソラナに注目が集まって来ていましたが、そんな2銘柄のステーキングの対応に絞って本記事で解説。 よう♪(筆者)よう♪(SBI経済圏ブロガー):板取引が可能かも、まとめておきま ...

8

2023年に、GMOコインとFXプライムが2023年9月に統合。証拠金取引が充実するGMOコインと、SBIグループのSBI FXトレードの暗号資産FX(暗号資産CFD)とを比較してみました。 &nbs ...

 

※アフィリエイト広告を利用しています。

-GMOコイン, 国内取引所