ステーキング・レンディング取引所(報酬・利率・ランキング) ビットトレード 国内取引所

ビットトレードの貸暗号資産(レンディング)の特別募集はチャンス!

2023-09-29

ビットトレードの貸暗号資産には、定期募集とは別に【特別募集】があるので、開催時には利用するのがおすすめです。

国内取引所には、さまざまな貸暗号資産(レンディング)サービスがあり、どの取引所を利用しようか迷う方も多いかと思います。

ぎもん君
短期間で利率の良い時だけに、利用したいなぁ

確かに長期で、運用利率を高くもらいたいとも思いますが、効率的に短期間でも報酬を得て、資産の運用もしたいですよね。

そんな方に向けて、本記事で解説します。

結論、不定期で開催されるビットトレードの特別募集がお勧めです。

少し自己紹介です♪

Twitterでは、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) 暗号通貨ブロガーとして発信していて、下記の取引所と提携しています。

そんな私が解説させていただきます。

本記事の内容は

  • 定期募集とは別に【特別募集】が不定期で募集されるので、それも狙うと運用しやすい
  • 出金手数料無料や取引手数料無料のキャンペーンが不定期に行われる(見逃しやすい)
  • 貸出期間が3ヶ月で決断がしやすくサブの口座としてもオススメという話
よう♪(筆者)
細かく公式サイトや、ツイートをチェックしてないと見逃しやすいんです!!

ビットトレードの取り扱い通貨は多く幅広いトレードができるワン!

ビットトレードの取り扱い通貨は、多く幅広いトレードが出来る取引所となっていて、現在は、32銘柄の取り扱いです。

よう♪(筆者)
バレットトークンのステーキングならコイントレードがおすすめですね♪
  • ビットポイントと少し似た雰囲気の通貨の取り扱い通貨。ジャスミー(JMY)・ディープコイン(DEP)、トロン(TRX)
  • コスプレトークン(COT)の取り扱いは珍しい

    ビットトレードに、シバイヌ(SHIB)・ドージコイン(DOZE)のイヌ系コイン同時上場です。

    ビットトレードに、シバイヌとドージコインのイヌ系(犬系)コインの同時上場。国内の取引所にシバイヌのステーキングを提供しているところはないので、ステーキングを期待したいところだが、ビットトレードはステーキングサービスを提供していません。

BTC ETH HT XRP BCH LTC XLM
XEM BAT MONA ONT TRX QTUM XYM
ETC ADA DOT ENJ IOST JMY LSK
OMG XTZ BSV COT DEP PLT BOBA
FLR ASTR ATOM EOS DOZE SHIB SAND
AXS MKR DAI MATIC

ビットトレードの基本スペック、取り扱いサービスは?ステーキングはないの?

ビットトレードの提供するサービスとは。

ビットトレードには、ステーキングのサービスはなく、貸暗号資産(レンディング)のみで、他には信用取引(レバレッジ取引)があります。

よう♪(筆者)
レンディングとステーキングの違いがよく分からない人は参考にしてくださいね♪
レンディングとステーキングって?

仮想通貨(暗号資産)を、激しくトレードしなくても、暗号通貨を貸し出すことで、貸借料で資産を運用することは可能です。これと類似しているサービスにステーキングというものがあります。 よう♪(筆者)色んな名 ...

続きを見る

実は、出金手数料無料・取引所(取引手数料無料)のキャンペーンが不定期で行われる

ビットトレードのツイッター(X)を見ていますと、不定期で1ヶ月単位で、出金手数料取引手数料無料のキャンペーンが開催される事がある。

不定期で出金手数料無料・取引手数料無料のキャンペーンが行われるので、日頃からチェックしないと見逃します。

よう♪(筆者)
国内取引所10社と提携している私は、毎日、ツイートチェックしてるので見落としはないのですが。。

BitTrade
>BitTradeの公式サイトでキャンペーンを確認してみる<

不定期に募集するビットトレードの貸暗号資産とは

ビットトレードの貸暗号資産には、定期募集と特別募集の2タイプがあって、1年間という期間よりも、3か月、もしくは短期間での募集をする傾向があります。

他の取引所のように、期間を数種類、固定で募集するものでもなく、不定期な募集を行うという形のようです。

主に定期募集としては、3ヶ月間の貸し出しが定例となっているようです。

よう♪(筆者)
公式サイトでは、定型の募集として公表しておらず、その都度の募集で公表してるね♪
ぎもん君
シュミレーターがあるから、その都度、確認すればいいね!

ビットトレードとコインチェックの貸暗号資産を比べてみると!?

ビットトレードの貸暗号資産サービスは、3ヶ月間の募集が定例となっています。

国内取引所の貸暗号資産(レンディング)サービスの募集を見てみると、ビットバンクは1年間のみの募集で数量に応じて年率が固定されており、コインチェックの貸暗号資産サービスは、期間を5つに分けて年率を固定しているなど、様々です。

どこの取引所でも同じですが、貸暗号資産の募集に対して、先着順となり、ビットコインなどは、すぐに定員となります。

  • ビットトレードは3ヶ月間の募集で最低貸出数量と上限の数量の条件がある
  • コインチェックは、最短期間、14日間からの5つの期間で区切って募集される

ビットトレードは3ヶ月間という短期間で募集される傾向がある

コインチェックの貸暗号資産を見てみる

チャート分析など、自分でトレードをしなくても仮想通貨(暗号資産)を増やすことは可能です。その方法には、積み立て・レンディング(貸暗号資産)・ステーキングがあります。 本記事では、コインチェックに暗号資 ...

続きを見る

ビットトレードの貸暗号資産(レンディングサービス)のメリットはコレだ!

ビットトレードの貸暗号資産のレンディングサービスのメリットは。

主に、3ヶ月間で募集されるので、1年間の貸し出しよりも、決断がしやすい事です。確かに長く貸し出すほど利率が高くはなりますが、その間、その通貨には触れられないので、判断に迷う方が多いかと思います。

ビットトレードならば、3ヶ月間という期間で、程よく運用益を得る事が出来るし、決断がしやすいものだと考えられます。

ビットポイントは出金手数料が無料なので、ビットポイントで、トロン・ジャスミー・ディープコインを持っている方は、もし、ビットトレードで利率の良い募集が告知されれば、ビットトレードに移動させてみるのも良いかもしれません。

>ビットトレードの紹介コードが欲しい方はこちらの記事へ<

ディープコイン(DEP)のレンディングに関しては、オーケーコインジャパンのFlash Dealsという貸暗号資産(レンディングサービス)もお勧めです。

 

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 また、コイントレードには実物資産の金・銀 ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

 

※アフィリエイト広告を利用しています。

-ステーキング・レンディング取引所(報酬・利率・ランキング), ビットトレード, 国内取引所