ステーキング・レンディング取引所(報酬・利率・ランキング) マネックスグループ・コインチェック

【ビットコイン】コインチェックレンディングサービスの貸暗号資産とは

2023-09-09

チャート分析など、自分でトレードをしなくても仮想通貨(暗号資産)を増やすことは可能です。その方法には、積み立て・レンディング(貸暗号資産)・ステーキングがあります。

本記事では、コインチェックに暗号資産を貸し出して利用料を得るサービスについて解説します。

よう♪(筆者)
銀行に定期預金をするみたいなもので、定期にしたお金を銀行が運用して、利息をつけて返却するみたいなものですね♪

コインチェックの貸暗号資産(レンディングサービス)は、最低貸し出し金額は、約1万円程度から利用可能です。

  1. 14日間⇨年率1%
  2. 30日間⇨年率2%
  3. 90日間⇨年率3%
  4. 120日間⇨年率4%
  5. 365日⇨年率5%

少し自己紹介させてください♪
Twitter(X)では、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) ブロガーとして発信していて、特に暗号資産取引所のプロモーションをしていて、国内の取引所10社と提携しています。そんな私が国内取引所を横断的に見てみて、情報をまとめてお伝えします。

よう♪(筆者)
私のブログ運営はこんな感じです♪

MY ブログ
コインチェック
>コインチェックの貸暗号資産サービスを確認する<

では、早速♪

読みたい記事に飛べます

(なかなか承認されない?)コインチェックの貸し暗号資産(レンディング)サービスとは


コインチェックの貸し暗号資産サービスとは。レンディングという言葉と同義になります。

ちょっと待って!レンディングサービスとステーキングの違いが分からない方は、コチラの記事を合わせて読んでください。

ステーキング レンディング
申込み 不要・必ず参加できる 必要・抽選になる場合もある
対象数量 設定なし 上限・下限あり
期間(募集開始・終了日) 無期限 募集時に期間の設定
年率 変動的(受け取り時・期限日) 募集時に確定
売却・出金の可否(中途解約) 可能 不可

ユーザーとコインチェックとの間で消費貸借契約が結ばれ、仮想通貨取引所、俗にいう暗号資産交換業としてのサービスとは異なるものです。

ユーザーがコインチェックに貸し付けて、コインチェックは、それを流用し、その利用に応じての利用料を払うという仕組みです。

コインチェック貸し暗号資産サービス

  • 最低貸し出し数量は、約1万円ぐらいの暗号資産が必要
  • 5つの期間に区切って年率が固定されているので申し込みやすい

>コインチェックの【貸暗号資産サービス】を確認する<

コインチェック・貸暗号資産サービスの始め方・やり方とは

まずはコインチェックの口座内に暗号資産がある前提で、通常、トレードをする際の口座は取引アカウントという状態で、貸暗号資産サービスを開始するためには、貸暗号資産アカウントに振替て開始します。

コインチェックの貸暗号資産サービスの対象銘柄は

コインチェックの貸暗号資産サービスの対象となる銘柄は、フレア(FLRフレアトークンの付与のみのため)を除く、26種類の銘柄が対象となります。OMGの取り扱いは2023年7月20日で取り扱いを廃止。

コインチェックの貸暗号資産(レンディング)最低貸し出し数量は

コインチェックの貸暗号資産(レンディング)最低貸し出し数量は、約1万円から貸し出しが可能です。

コインチェックの貸暗号資産の利用料(レンディング利率)は

コインチェックの貸暗号資産の年率は?最大年利は5%で貸し出し期間は365日。

ただし、本当に常設的に最大年率の5%が募集がされているのか定かではなく、これはビットバンクのレンディングサービスにも言えることです。

  1. 14日間⇨年率1%
  2. 30日間⇨年率2%
  3. 90日間⇨年率3%
  4. 120日間⇨年率4%
  5. 365日⇨年率5%
14日間 年率1%
30日間 年率2%
90日間 年率3%
120日間 年率4%
365日間 年率5%

コインチェックの貸暗号資産(レンディング)は中途解約できるの?

コインチェックの貸暗号資産(レンディングサービス)も、基本、中途解約はできません。ただし、貸し出しを申請中ならば、「貸し出し申請」をキャンセルすることができます。

なぜならば、申請をしても承認されるまでは、あくまでも申請中だからです。

コインチェック貸暗号資産・貸し出し申請をしても承認されるとは限らない

貸暗号資産サービスの募集には上限があり、定員に達した場合には、空きを待つ形となり、募集の上限、空きの状態についての情報は開示されません。

短期間の募集枠の方が承認されやすい傾向がある

よう♪(筆者)
やはり、みんな高い年率を求めて3ヶ月以上に申請するんだね♪

実は、国内取引所のレンディングサービスよりも、高い年率を受け取ることが出来る民間企業のレンディングサービスプラットホームのビットレンディングというものがあります。

ビットコイン年率8%

仮想通貨(暗号資産)を保有しているが、値上がりを期待しつつ放置するよりも、貸し出し(レンディング)サービスを利用することで、運用するのがおすすめです。 今回、ご紹介するビットレンディングは、月刊暗号資 ...

続きを見る

最後にまとめ

コインチェックの貸暗号資産サービスのまとめ。

コインチェック暗号資産サービスと併用したいサービス

  • コインチェックつみたてサービス
  • 家族・お友達紹介プログラム

コインチェック
>コインチェックの貸暗号資産サービスを確認する<

初心者にお勧めコインチェックの貸暗号資産サービス(レンディングサービス)

貸暗号資産(レンディング)を始めるにあたって、貸し出す際の最低金額が約1万円と比較的、低額から始められ、年率(利用料)は、5つの期間に区切って決められているので、分かりやすく、初めて暗号資産に触れる方や激しくチャート分析をしてトレードする予定がない方には、おすすめできます。

コインチェックつみたてサービスで貯めて、貸暗号資産サービスを利用する

徐々に貸暗号資産を増額したいという初心者の方には、コインチェックで始めてみるのは良いと考えられます。また、他にもコインチェックには、積み立てサービス(給料口座から自動引き落としで可能)がありますので、こういったサービスと併用して、資産運用するのが有効的です。

コインチェックの家族・友達紹介プログラムでビットコインを貯める!

また、コインチェックの口座を開設すると紹介コードというものが付与され、家族や友達を紹介すると、ビットコインがもらえるというサービスがあります。こういったものも賢く利用して貯めていくのもありだと思います。

初めて、仮想通貨(暗号資産)に触れる人には、少し難しい理論になりますが、レンディングに似たサービスにステーキングというものがあります。取引所の口座に保有するだけで、報酬がもらえるサービスです。国内で1番、ステーキングサービスが充実しているのは、SBIグループのSBI VCトレードです。参考にされてみてください。

GMOコインには、証拠金を預け入れることで、利率が15%以上にもなる【貸暗号資産プレミアム】というサービスがあります。

貸暗号資産プレミアム

今、仮想通貨(暗号資産)の資産運用の一つとして、チャート分析を必要とするトレードに依らず、保有するだけで運用できるステーキングやレンディングに注目が集まりつつあります。   全ての取引所に、 ...

続きを見る

よう♪(筆者)
最後まで、お読み頂いてありがとうございます♪
トップ画面へ

 

 

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 また、コイントレードには実物資産の金・銀 ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-ステーキング・レンディング取引所(報酬・利率・ランキング), マネックスグループ・コインチェック