SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(300人以上紹介)

ビットポイントもADAに次いで、イーサリアムのステーキングを開始

2023-07-26

SBIグループのSBI VCトレードに次いで、ビットポイントにもイーサリアムのステーキングサービスが提供された。

ぎもん君
SBIグループの両方でステーキングサービスするなら、どっちでもいいよね??

そんな疑問にお答えします。

何か違いはあるのか?それは・・・結論を言いますと、ビットポイントは、イーサリアムのステーキング手数料が無料です。

ただし、>>ビットポイントの公式サイトによると【当面無料】と記載されていますので、都度の確認が必要です<<

よう♪(筆者)
しっかり、確認しないとですね♪

少し自己紹介させていください♪

当ブログでは下記の国内取引所の口座開設プロモーションを10社と提携しています。

では、早速いきましょう♪

SBIグループで、イーサリアムの実質年率・手数料など比較してステーキングしてみる。

SBIグループ、つまりSBI VCトレード・ビットポイントの2社に、カルダノとイーサリアム、コスモスのステーキングサービスが提供されているという流れになりました。

もともと、ビットポイントはカルダノのステーキング報酬実績が高いことに定評がありました。どちらにも、実際にもらえる報酬についてのシュミレーターがありますので、比較検討してみることをおすすめします。

初めてのステーキング、手数料無料期間を利用するのがおすすめ

日本円の定期預金、貯金の利息よりは、暗号資産のステーキングでの資産運用を選択肢の一つとして持つことは、おすすめと考えます。

初めて、ステーキングサービスを利用する、また少量の通貨保有数であってもステーキング報酬を受けたいという方には、手数料無料期間をうまく活用することが、得策となります。

ステーキングの間に、積み立てサービス(SBI VCトレード・ビットポイント積み立てサービス有り)を利用して、ステークするなど運用の選択肢は広がりますね。

よう♪(筆者)
ビットポイントは、当面、トロン・カルダノ・イーサリアム・コスモスのステーキング手数料無料となっていますね♪

キャンペーンでステーキング手数料無料になっていないかを確認!

▶︎▶︎SBI VCトレードのステーキング報酬実績を確認する<<

ビットポイントは、カルダノ(ADA)のステーキング利率の高さに定評がある

ビットポイントは、アメリカの投資家に、人気なカルダノ(ADA)を、ステーキングサービスで提供していましたが、イーサリアムとトロンが追加されています。

当面は、カルダノもイーサリアムも、ステーキングの手数料無料とのこと。

カルダノファンの方は、ビットポイントのステーキングサービスを検討してみると良いと思います。

ビットポイント
>>ビットポイントのカルダノのステーキング利率を確認してみる<<

ビットポイントのトロン(TRX)が、ステーキング対応に、また手数料無料!

ビットポイントの取り扱い通貨のトロンが、イーサリアムに次いで、ステーキング手数料無料で、ステーキング対応を開始しました。

よう♪(筆者)
イーサリアムは、SBI VC トレードにもありますね♪

>国内の取引所の扱うステーキング銘柄一覧を見てみる<

SBIグループは今後、ステーキングに力を入れていく、特にSBI VCトレードは国内独占の銘柄も

SBIグループは、今後、ステーキングサービスの提供を拡大していくとのこと。特にSBI VCトレードでは、国内初でイーサリアムのステーキングサービスを開始し、国内ではSBI VCトレードのみの取扱いの通貨もあります。

🔻🔻SBI VCトレードの豊富なステーキング銘柄&国内取引所独占の銘柄を見てみる🔻🔻

SBI VC トレードステーキング
【特徴】SBI VCトレード、RWA銘柄のXDCのステーキングが可能だ!

SBI VCトレードは、2024年5月15日に、アプトス・へデラハッシュグラフのステーキング対応を開始。 SBI VCトレードと合弁会社を設立するなど、強いパートナーシップのXDCがRWA銘柄として注 ...

続きを見る

 

ステーキング銘柄は、XDCが追加したことで9銘柄へ。

 

SBI経済圏専門ブロガーの私からのまとめ

 

SBI ホールディングスの北尾社長曰く、今後、SBIグループは、ステーキングサービスを拡充していくとのこと。金融とブロックチェーン。

イーサリアムのステーキングサービスの提供は、国内初でSBI VCトレードで提供開始、その後のビットポイントも提供開始、大きな違いは、ステーキング手数料が無料だということ。ただし、公式サイトには【当面無料】との記載がるので、その都度の確認が必要となります。

また、ビットポイントには、新しく積み立てサービスを提供したばかりなので、こちらのサービスも併用して、ステーキングをしたり、レンディング(貸し暗号資産)サービスを利用して、資産の運用をしていきたいところです。

 

 ビットポイント

よう♪(筆者)
最後まで、お読み頂きありがとうございます。

他にも、SBI VCトレード・ビットポイントについての記事を執筆しておりますので、読んでいただけると幸いです。

 

 

合わせ読んで欲しい記事はこちら!

最近、仮想通貨の積立サービスなど、激しいトレードをしなくても資産を形成するために、レンディングサービスやステーキングサービスなどを取引所が提供していますが、その違いが分からないという方も多いようです。 ...

続きを見る

トップ画面へ

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 また、コイントレードには実物資産の金・銀 ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(300人以上紹介)