SBI VCトレード

SBIでは、フレアトークンのデリゲートとステーキングをWで受け取り可能

2023-02-05

国内ではSBI VCトレード・GMOコインがフレア(FLR)デリゲート代行を、2023年に開始し、2024年にはフレアのステーキングをSBI VCトレードが対応しました。

SBI VCトレードでは、ステーキングの際はロックされないので、デリゲートとは別に口座内で保有しつつ、トレードも可能ということになりました。

\FLRのステーキング開始!/

\デリゲートしながら、トレードも可能!!/

SBI VCトレードでは、フレア(FLR)の確定申告の為に、ラップ&デリゲートの付与歴のCSV出力と、G-TAXでのCSV取り込みが可能です。

こちらがら、遷移できます➡︎(公式サイトの【お知らせ】を、参照願います。

 

SBI VCトレードは、フレアのステーキングサービスを、2024年1月31日より開始、これで、デリゲート報酬とステーキング報酬を受け取れる形になりました。

□■(告知)今後、SBI VCトレードはステーブルコインのUSDCを国内初で取扱い予定

□■【コチラから可能】口座開設で、現金1000円もらえるキャンペーンで口座を作る

その前に少し自己紹介させてください♪

Twitterでは、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) 暗号通貨ブロガーとして発信していて、当ブログのように仮想通貨口座の開設プロモーションをやっています。

本記事では、大手ディアサイトには出来ない、上記の提携取引所と提携している私が、個人ブロガーの強みを活かして、そもそものフレアトークンの解説から、国内の仮想通貨取引所を横断的に見たフレアトークンの対応までを解説します。

読みたい記事に飛べます

フレアトークンとは【デリゲート後、ステーキング報酬に切り替えれる取引所は?】

フレアトークンとは、2020年12月のスナップショット時点に、リップルを保有していた人に、配布されたトークンで、以前はスパークトークンという名称でした。

当初は、初期に配布された方にのみ、デリゲート報酬がもらえるというものでしたが、フレアを所有してデリゲートした人にも報酬が与えられるという形になりました。

3年かけて配布されるが、途中からでも、つまり、その都度、デリゲートさせれば報酬を得ることは出来ます。

結論から言うと、デリゲート報酬がもらえる期間満了後は、そのまま、口座内で保有しておくだけで、ステーキング報酬がもらえる、SBI VCトレードでの運用がおすすめです。

□■SBI VCトレードのフレア(FLR)の入庫(入金)対応を確認する

フレアトークンの配布が報じられてけど、フレアトークンってそもそも何?

2023年1月にはフレアトークンの配布の話題になっていましたが、そもそもフレアトークンって何?

フレアトークンは、Flareネットワークのネィティブトークンで、リップル(XRP)上にスマートコントラクト機能の実装を目指し、実装すれば金融ブロックチェーンサービス、DeFIなどの開発を進めることができる。

さまざまなブロックチェーンの接続を目指して開発。他にも、ライトコイン(LTC)・ステラ(XLM)にも、スマートコントラクトの実装を目指している。

スナップショット時のリップル保有者には全体の15%のフレアトークンが配布された。

2020年12月時点のスナップショット時に、リップの保有者にフレアトークンが2023年1月に配布されました。

初回のエアドロップとして、全体の15パーセントが配布されるという形での、スタートで残りの85%を36ヶ月間という期間を経て配布されるという流れでした。

リップル保有者に配布された、フレアトークンの上場はどこの仮想通貨取引所に?

リップルを保有してい人に、配布されたフレアトークンを上場させている仮想通貨取引所は。

国内では

フレアトークン上場の国内取引所

※1 >>>ビットバンクでは、フレアは販売所形式・取引所形式のどちらでも購入が可能。

※2   >>>【デリゲート不可】フレアトークン(FLR)付与が1番遅いDMM bitcoinには3月8日に上場。

よう♪(筆者)
各取引所の対応はバラバラです、一気に情報を確認したい方は下記、取引所名をクリックして公式サイトに飛べます♪

仮想通貨・フレアトークン、ラップとデリゲートとは

フレアトークンをラップしてデリゲート(委任)することで、初期配布を受けてない方もデリゲート報酬を受け取ることができます。

フレアトークンのデリゲートのやり方(自分でやる場合って?)

フレアトークンのデリゲートのやり方とは。

フレアトークンの配布を受けた方の中にも、ご自身でラップ&デリゲートをやられる方もいらっしゃるかと思います。

詳しく解説された動画を載せておきますので、ご自身で出来そうかも含めて試聴されることをお勧めします。

よう♪(筆者)
デリゲート報酬をもらった後のことを考えると取引所にデリゲートの依頼をする方がお勧めです。

フレアトークン(仮想通貨)、ラップとは他のトークンに変換することです

フレアトークンでエアドロップ(無料配布)をもらうためにはデリゲート(委任)すれば、初回取引を差し引いた85パーセントを

今からでも受け取ることができます。

受け取ったフレアトークンを、ラップしてWFLRに変換することも、デリゲート報酬をもらう条件です。

フレアトークン(仮想通貨)をデリゲートって何?

フレアトークン、仮想通貨のデリゲートとは、単に英語で訳すると【委任】という意味になります。

トークンを特定のネットワークに預け入れることで、預け入れていた期間に報酬を受け取ることが出来る仕組みです。

よう♪(筆者)
ステーキングをイメージしてください♪

【フレアトークンいつ配布?】残りの85%分の初回分が2023年3月17日に配布されました

フレアトークンの残り85%の初回分は3月17日で、36ヶ月をかけて配布されます。

具体的なスケジュールの詳細は、flare network を参照してください。

FlareFoundation

 

 

これらのラップ&デリゲートの代行と入庫(両方)は現在、SBI VCトレードとGMOコインだけが対応しており、出庫対応できるビットバンク・コインチェック・ビットフライヤーで、SBI VCトレードに入庫させるか、GMOに入庫するのみです。

国内取引所のフレアトークンの入出庫・デリゲート対応は

国内取引所のフレアトークンの入出庫、デリゲートの対応は。

国内で初めて、フレアトークンの入庫とデリゲート代行を対応したのは、リップルの大株主でもあるSBIグループの暗号資産部門のSBI VCトレードでした。

コインチェックはフレアトークンを配布するも、出庫のみの対応でデリゲートは行わない

コインチェックは、フレアトークンの配布はするものもデリゲートを行わない。

国内の取引所がフレアトークンの出庫・入庫・デリゲート代行の対応を始めるも、どちかというと後手として出庫のみの対応。

フレアトークンを配布された人に委ねるという形の方針のようです。

コインチェックでフレアトークンの配布を受けた方の取り得る手段は、ご自身でデリゲートするか、下記の取引所で代行サービスを受けるのみとなっています。

コインチェックの出庫対応は遅かった!

コインチェックは初回のデリゲート報酬配布後の2023年3月22日より、フレアトークンの出庫(出金)の対応を開始、フレアのラップ&デリーゲートの代行の対応はなく、自分で作業するか他の取引所へ入庫させてデ ...

続きを見る

SBI VC トレードに入庫&デリゲート➡︎コチラからSBI VCトレード公式サイトでの確認ができます。

GMOコインへ入庫&デリゲート➡︎コチラから【GMOコインの公式サイト】での確認ができます。

ビットフライヤーで、フレアトークンの配布を受けた方は出庫可能だがデリゲート未対応

ビットフライヤーで、フレアトークンの配布を受けた方は、出庫対応はできるがデリゲートが未対応。

ビットフライヤーでは2023年2月20日より、フレアトークンの出庫対応を開始しました。

ビットフライヤーでフレアトークンの配布を受けた方の取りうる手段は、ご自身でデリゲートするか、下記の取引所で代行サービスを受けるのみとなっています。

SBI VC トレードに入庫&デリゲート➡︎コチラからSBI VCトレード公式サイトでの確認ができます。

GMOコインへ入庫&デリゲート➡︎コチラから【GMOコインの公式サイト】での確認ができます。

[フレアトークンのデリゲート&ラップ代行と入庫対応はSBI VCトレードとGMOコイン

フレアトークンのラップ&デリゲート代行は、SBIグループとGMOコインで、入庫の対応はSBI VCトレードとGMOコインのみ。

SBIの完全子会社化したビットポイントは入庫に対応していません、

 国内のフレアトークン(FLR)の取引・デリゲートの対応まとめ表

国内取引所のフレアトークンの取引、出庫・入庫、そしてデリゲートの対応をまとめて表にしてみました。

 

SBI VCトレードの口座開設をする。

SBI VCトレード

 

取引 入庫 出庫 ラップ・デリゲート
コインチェック ✖️ ✖️ ○3月22日 ✖️
DMM bitcoin 現物取引 ✖️ ✖️ ✖️
GMOコイン ✖️
ビットバンク 板取引・販売所 ✖️
ビットポイント 販売所のみ ✖️ ✖️
SBI VC トレード 4月19日開始 ✖️
ビットフライヤー 販売所のみ

2023年上半期予定

(遅延中)

ビットトレード

販売所

✖️

※ビットトレードは、旧:フォビジャパンのことです。

フレアトークン配布されたままにしているならSBI VCトレードに入庫が1番早い!

フレアトークンを配布されたままで放置するより、SBI VCトレードに、デリゲートを代行を依頼するのが早い。

  • SBI VCトレードがラップ&デリゲートを代行してくれる。
  • SBI VCトレードで、買い増ししてデリゲート代行してもらえる。
ビットポイントのフレアトークン”貸して増やす”デリゲートは簡単!

リップルの大株主のSBIの完全子会社化となったビットポイントは期間を区切ってフレアトークンのデリゲート代行を募集しています。 ビットポイントでフレアトークンを初期配布された方はもとより、2020年のス ...

続きを見る

最後にまとめ

国内初でフレアトークンのラップ&デリゲート代行を、リップルの大株主でもあるSBIグループのSBI VCトレードが発表しました。

デリゲート報酬まとめ

国内取引所でのフレアトークンの配布情報が飛び交う中で、SBI VCトレードのみが入庫の対応開始、その後、GMOコインなども入庫の対応を開始。そして、SBI傘下のビットポイントでもデリゲート代行を発表。(入庫は非対応)

2020年時点のリップル保有者へのスナップショット時に保有していなかった人も、今からでも購入してデリゲートを代行をしてもらうことは可能です。

また、追加でフレアトークンを購入するという選択肢もあります。詳細については下記、記事にて解説しておりますので、参考にされてみてください。

デリゲート代行は、SBI

リップルの大株主であるSBIホールディングスの暗号資産取引所、SBI VC トレード、ビットポイントが、flare(FLR)トークンのラップとデリゲート代行を対応、入庫対応は、SBI VCトレードが対 ...

続きを見る

おすすめステーキング報酬関連の記事3選

デリゲート報酬についての解説をさせていただきました。当ブログで展開しているステーキング報酬についての記事を、ご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

  1. SBI VCトレードはイーサリアムのステーキングも国内初で開始。国内独占のステーキング銘柄が多数!
  2. GMOコインのステーキング、ASTAR(アスター)のステーキングが可能!
  3. (こっそり教えます!)国内唯一のステーキング特化のコイントレード
よう♪(筆者)
最後まで、お読み頂いてありがとうございます。
Web3ウォレットの登録は済みましたか??

SBIから日本円でNFTが買えるWeb3ウォレットが2023年1月25日にローンチ。当ブログ運営、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) 暗号通貨ブロガーの私がWeb3ウォレットについてと、今後の展開に ...

続きを見る

トップ画面へ

 

よく読まれている記事

1

今後、トレンドになるであろうDePIN銘柄(ディーピン銘柄・デピン銘柄)、2024年2月には、ファイルコイン(FIL)がソラナとの提携が報じられ、DePIN銘柄の注目度が上がっています。   ...

2

2024年の注目銘柄カテゴリーのRWA銘柄の解説と、国内の取引所でトレードが可能かについて、本記事で解説、次のトレンドへの仕込みへの一助になれば幸いです。   よう♪(筆者)よう♪注目が集ま ...

ソラナ(SOL)ステーキング 3

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。   ぎもん君コイントレード?あ ...

SBI VC トレードステーキング 4

2024年1月31日にフレアートークン(#FLR)のステーキングも追加、これで、ビットバンクの関連企業のコイントレードのステーキング取扱数と並ぶ形になる。 SBI VC トレードは、ステーキング手数料 ...

5

本記事は、ブログ筆者の私の備忘録的に、気になる銘柄なども、勉強のアウトプット目的で、殴り書きで書き留めたもで、読みやすさ、見やすさがないものとなっておりますが、ご容赦くださいませ。 よう♪(筆者)Xで ...

6

国内取引所の提供するレンディングサービス(貸し暗号資産・貸しコイン・貸して増やす)と民間企業が提供するレンディングサービスプラットフォームであるPBR lendingを比較して解説します。 ぎもん君国 ...

ソラナ(SOL)ステーキング 7

2023年後半、アバランチやソラナに注目が集まって来ていましたが、そんな2銘柄のステーキングの対応に絞って本記事で解説。 よう♪(筆者)よう♪(SBI経済圏ブロガー):板取引が可能かも、まとめておきま ...

8

2023年に、GMOコインとFXプライムが2023年9月に統合。証拠金取引が充実するGMOコインと、SBIグループのSBI FXトレードの暗号資産FX(暗号資産CFD)とを比較してみました。 &nbs ...

 

 

 

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード