SBI VCトレード

【ビットコイン交換】SBI証券のVポイント投資で経済圏拡大か?

2023-01-21

SBI経済圏は、楽天経済圏・au経済圏、そしてマネックス経済圏を、打ち落とせれるのか?また、Vポイントと仮想通貨との互換性は期待できないのでしょうか。

よう♪(筆者)
クレジットカード比較とかの話ではなく、三井住友カードを使ったクレカ積み立て、Vポイント、SBI経済圏について解説していきますよ

少し、自己紹介させてください♪

Twitterでは、よう♪ビットポイント(SBI)暗号資産ブロガーで、発信しています。

主に、SBI VCトレードと、ビットポイント、他にコインチェックなど、国内の暗号資産取引所、計10社のプロモーションをやっています。

【ビットコインETFが承認、次はイーサリアムETF承認へ(5月)】

SBI証券は、2023年9月に国内株式の手数料を、全年齢の人を手数料の無料としたが、2024年から始まる新NISA口座においての海外ETFと米国株式の手数料も無料にするとのこと。

マネックスもドコモと業務提携、手数料無料化の波、今後、仮想通貨との連携性、経済圏争いはどうなるのでしょうか。

 

\SBIグループの暗号資産交換所/

\ビットコイン積立サービスもある!/

□■SBIグループのSBI FXトレードの暗号資産CFD

【参考】

  • マネックスの口座開設にDポイント付与
  • 2025年3月以降にDカードのクレカで投信の積立サービスを開始・dポイントで投信購入
  • 投資ロボアドバイザーの”ON COMPASS(オンコンパス)”、2024年新NISAに対応開始

株・投資信託ならネット証券のマネックス

株・投資信託ならネット証券のマネックス
では、早速♪

読みたい記事に飛べます

Vポイント投資の大前提、Vポイントとは

SMBC(三井住友グループ)の共通のポイントとして、2020年6月に誕生して、三井住友銀行の各種のサービス、三井住友カードの利用で貯まるポイントで、スマートフォンアプリ【VPassアプリ】に移行して、VISAの取り扱いのあるお店やネットショッピングで使える1ポイント=1円のポイントです。

2024年4月からの新Vポイントでもビットコインとの互換性はありません。

ドコモ経済圏を手に入れた、マネックスグループは暗号資産取引所のコインチェックを傘下に持っていることから、マネックスポイント、Dポイント、そしてビットコインとの互換性への期待、見通しが立ちます。

ビットコインETFが承認された今、投機と思われていた暗号資産投資が、投資というステータスを手に入れました。

>>マネックス証券は、マネックスポイントでビットコインに交換できる<<

VPassアプリとは

Vポイントを貯める前に、VPass アプリをダウンロードすることで、三井住友カードを利用することができます。

通常、クレジットカードにはクレジット番号が記載されていますが、三井住友カードはナンバーレスで、クレジットカード番号、セキュリティコード、有効期限、利用通知、そしてポイント管理も、このアプリで管理することができます。

Vポイントは、最大5%還元、タッチ決済経済圏、ダントツ!?



>支払い1秒。充電ゼロ。EVERING、すぐに壊れそう?公式サイトで見てみる<

ローソン、セブンイレブン、マクドナルドなどから、2022年10月にファミレス、カフェ、回転寿司などか追加されて、2023年、1月12日より、すかいらーくグループも追加。

よう♪(筆者)
マクドナルドのハンバーガーが値上げになっているので、ポイントがもらえるというのは嬉しいかも♪

Vポイントといっても、まだ馴染みのない方も多いと思いますが、Vポイントは2024年にTポイントと統合します。

また、家族が利用した分も加算される家族ポイントもあります。

ポイント

2024年にVポイントとTポイントが統合で、SBI証券のVポイント投資の利便性が向上します。

楽天経済圏・au経済圏に劣るSBI経済圏、Vポイント投資、皮切りに巻き返しか!?

SBI経済圏にないものは、モバイル・EC(通販サイト)、Vポイント、ポンタポイントなど、よく言えば色々なポイント利用が可能であるが、果たして、それが本当にユーザーに利便性があるものなのかは、疑問が残るところではあります。

ぎもん君
北尾社長はマルチポイント経済圏って表現してたけど・・・

三井住友カードのクレカ積み立て投資のVポイントとは

三井住友カード(NL)のクレカ積み立て投資のVポイントとは。

毎月1回、上限5万円までで、クレカ積み立てをすると、0.5%のVポイントの付与で、つみたてNISAにも対応。

SBI証券は、TポイントとPonta ポイントでポイント投資ができますが、2024年のVポイントとTポイントの統合で、ポイントが貯めやすくなります。

これで、三井住友カードとSBI証券口座の連携で貯まるVポイント、普段のコンビニでの決済でも得ることができるVポイントで再投資。投資への心理的なハードルが下がっていきます。

経済圏の狭いSBIは、モバイル経済圏を持つマネックス経済圏、楽天・au経済圏に追いつけるか。

モバイル経済圏を持たないSBIは、今後、SMBC(三井住友グループ)との連携で覇権を取りにいけるのか。

やはり、三井住友グループには、住友生命や三井住友海上があるので、この辺のシナジーが今後あるかもしれません。

ある意味、発展途上のSBI経済圏の今後に期待します。

マネックス経済圏は、NTTドコモと資本業務提携(2023年10月)

SBIグループと同じく、マネックスグループも、モバイル経済圏を持っていなかったのですが、2023年10月にNTTドコモと資本業務提携したことで、経済圏を拡大していきます。

つまり、マネックスグループは、dポイントモバイル経済圏を手に入れたということになります。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

マネックス経済圏

マネックス証券のマネックスポイントの使い道の一つとして、同じマネックスグループの暗号資産取引所のコインチェックで暗号資産と交換することができます。 しかし、Vポイントでは、現在は暗号資産とは交換が出来 ...

続きを見る

SBI証券は、Tポイントとポンタ(Ponta)ポイントで株式投資が可能

SBI証券は、Tポイントとポンタポイントで株式投資が可能になりました。

  • 国内株式(単元株・S株(単元未満株)の買い付けに使える
  • 全額ポイントを利用して購入することも可能
  • 現金とポイントの組み合わせでも可能

SBI証券

Vポイントは暗号資産投資(仮想通貨)ビットコインに使えないのか。

Vポイントは、暗号資産投資に使えないのか。

よう♪(筆者)
あくまでも、私の私見ですよ♪

Vポイントで株式投資ができるなら、暗号資産投資(ビットコイン)も出来るのではないかと憶測が進みます。

暗号資産の国内の取引所のビットフライヤーでは、Tポイントをビットコインに交換することができます。

2024年にVポイントとTポイントが統合するなら、ビットコインとの交換も可能でないかと、個人的に感じています。

SBIグループの証券部門、つまりSBI証券と暗号資産部門のSBI VC トレードがVポイントで互換性が出てくるでしょう。

 

参考

過去には、三井住友カードとSBI証券、SBI VCトレードとの共同のキャンペーンでVポイントとは別に、XRP(リップル:暗号資産)の交換券が当たるキャンペーンが開催されていました。

マネックス証券経済圏では、マネックスポイントでコインチェックの暗号通貨と交換できる

マネックス証券経済圏では、マネックスポイントで、コインチェックの暗号通貨と交換できます。これは証券会社の中では唯一の取り組みとなっています。

ドコモと業務提携したことで、モバイル経済圏を手に入れたマネックスグループですから、傘下のコインチェックとの連携性で、Dポイントで、ビットコイン(仮想通貨)との互換性も、今後、可能になるのではと憶測が進みます。

マネックスポイントだけがビットコインに交換できる(Vポイント不可)

暗号資産取引所のコインチェックは、マネックスグループの傘下で、マネックス証券で得られるマネックスポイントで、コインチェックの暗号資産と交換ができる。

SBI経済圏も、必ずVポイントで追撃してくるものと思われます。

よう♪(筆者)
もし、そうなれば!SBI経済圏も、必ずビットコイン投資分野の連携を打ち出すよ!
マネックス証券とイオン銀行、つみたてNISAへの投資ニーズ対応へと包括提携

マネックス証券は、イオン銀行の証券分野で包括提携を結び、イオン銀行の投資信託の30万口座をマネックス証券に移管。こちらも、NISAなどの投資ニーズに対応する取り組み。

よう♪(筆者)
積み立てNISAの準備しましたか??

>マネックスグループの傘下のコインチェックでは、ビットコイン積み立てが可能!!

果たして、つみたてNISAと、ビットコイン投資(積み立てなど)のどちらが資産形成に役立つのでしょうか。

今後、SBI証券に限らず、マネックス証券も頭角を現すことになると思われます。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

マネックスの投資ロボアドバイザーのON COMPASS(オンコンパス)、1000円から始められる!
トップ画面へ

よく読まれている記事

1

今後、トレンドになるであろうDePIN銘柄(ディーピン銘柄・デピン銘柄)、2024年2月には、ファイルコイン(FIL)がソラナとの提携が報じられ、DePIN銘柄の注目度が上がっています。   ...

2

2024年の注目銘柄カテゴリーのRWA銘柄の解説と、国内の取引所でトレードが可能かについて、本記事で解説、次のトレンドへの仕込みへの一助になれば幸いです。   よう♪(筆者)よう♪注目が集ま ...

ソラナ(SOL)ステーキング 3

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。   ぎもん君コイントレード?あ ...

SBI VC トレードステーキング 4

2024年1月31日にフレアートークン(#FLR)のステーキングも追加、これで、ビットバンクの関連企業のコイントレードのステーキング取扱数と並ぶ形になる。 SBI VC トレードは、ステーキング手数料 ...

5

本記事は、ブログ筆者の私の備忘録的に、気になる銘柄なども、勉強のアウトプット目的で、殴り書きで書き留めたもで、読みやすさ、見やすさがないものとなっておりますが、ご容赦くださいませ。 よう♪(筆者)Xで ...

6

国内取引所の提供するレンディングサービス(貸し暗号資産・貸しコイン・貸して増やす)と民間企業が提供するレンディングサービスプラットフォームであるPBR lendingを比較して解説します。 ぎもん君国 ...

ソラナ(SOL)ステーキング 7

2023年後半、アバランチやソラナに注目が集まって来ていましたが、そんな2銘柄のステーキングの対応に絞って本記事で解説。 よう♪(筆者)よう♪(SBI経済圏ブロガー):板取引が可能かも、まとめておきま ...

8

2023年に、GMOコインとFXプライムが2023年9月に統合。証拠金取引が充実するGMOコインと、SBIグループのSBI FXトレードの暗号資産FX(暗号資産CFD)とを比較してみました。 &nbs ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード