ビットトレード 国内取引所

ビットトレードの取り扱い通貨数はビットバンクと張り合う!

2023-04-09

ビットトレードの取り扱い数は、2023年10月で39銘柄で、スマホでの取引は販売所・板取引の両方に対応しているので、トレードのチャンスを逃すことのない取引所と言えます。

また、定期的な募集とは別に、【特別募集】として貸暗号資産(レンディング)の募集があるので、ここはねらいめです。

 

BitTrade

>>BitTradeの口座を登録する<<

国内の各取引所に、”取り扱い数ナンバー1”を名乗る広告を良く見かけますが、国内の取引所を横断的に見て、ビットトレードは取扱い数の多い取引所といえます。

私は、Twitterで、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) 暗号通貨ブロガーとして発信していて、当ブログのように仮想通貨口座の開設プロモーションをやっているので、取扱い通貨数を見ていて、ビットトレードの取扱い通貨のバリエーションの多さは上位にあると思います。

ちなみに、私が提携している取引所は、

自己紹介も兼ねて、前置きが長くなりましたね。では、早速。

>ビットトレードの紹介コードが欲しい方はこちらから<

読みたい記事に飛べます

ビットトレードの取扱い通貨などのサービスの内容など、評判、特徴は??

ビットトレードの取扱い通貨銘柄、またサービス、評判やメリット、デメリット、特徴なのは??

2020年には、独自通貨のhoubiトークンの取扱いなど、まだ新設の取引所となるため、今後の発展のため、ユーザーにメリットとなるキャンペーンの展開などには期待が出来ると思います。

国内取引所も各種キャンペーンに色んな広告予算を打ち出し、マーケティング戦略を打ち出しているのを見ていると、ある意味、新規の取引所で、トレーダーに寄り添う取引所を賢く利用して、トレード、利益の最大化を求めるのも賢明ではないでしょうか。

ビットトレードのデメリットは、ある意味、メリット??

ビットトレードは、前社名はフォビジャパンで、世界的なHoubiグループの取引所の日本での取引所ということになります。まだまだ、日本での新設の取引所となるため、取扱い数としては多いものの取引量、つまりの流動性のある取引所であるとは良い難いところはあります。

よう♪(筆者)
出来たばかりの取引所ではありますが、そこはトレードには影響はないですよね♪

ビットトレードの各種、打ち出すキャンペーンで、トークン数を積み上げていくことさえ出来るのではと、私見では感じています。

  • ハッキングされたことがない
  • 新設の取引所なのでキャンペーンを盛んに行う
  • ユーザー数が少ないのでキャンペーン当選率が高くなる(Twitterなどで告知が出ます)
  • 新規上場の銘柄に期待が持てる

その前に、ビットトレードとはフォビジャパンの社名変更後の社名です。

ビットトレードとは、フォビジャパンが社名変更した社名となります。

世界的に有名なHoubiグループの取引所ということで、これが1番のビットトレードの特徴、表されるものと言えると思います。

社名を変更しても、前社名を受け継ぐ、独自トークンのフォビトークンも引き継がれています。

ビットトレードの取扱い通貨は、国内では取り扱い数が多めの39銘柄

ビットトレードの取扱い通貨は、2023年10月に柴犬コイン(シバイヌ:SHIB)、DOZEの同時上場で、39銘柄までにのぼる。

3月22日にはフレア(FLR) が上場、ついで国内3例目となるASTARがビットトレードに上場。4月26日より、BOBA が上場。

よう♪(筆者)
BOBAの上場は、ビットバンクに次いで、国内で2例目

BitTradeの取扱い通貨の確認は下記バナーから&口座を作る。
BitTrade

よう♪(筆者)
友達招待制度で豊富な特典がもらえるキャンペーンが行われています
  • 過去の口座開設キャンペーンは特典が盛り沢山ではあったものの条件が複雑でもらい損ねのユーザーもいた。
  • やはり、新設の取引所であるためマーケティング・広告予算を多めに割く傾向は続くものと思われる。

ビットトレードは、もしかして、ビットポイント(ジャスミー)を真似てる!?

ビットトレードは、もしかして、ビットポイントを真似てる!?

ビットトレードとビットポイントに共通しているのは、お互い、紹介プログラムが用意されており、特典が豊富な傾向も似ているのと、取扱い通貨にあたっては、国内の取引所では扱うのが珍しい、ディープコインとジャスミーが共通しているのが似ています。

ビットトレードの取扱い通貨には、ジャスミー・アスター・FLR(フレア)の取扱いは特徴的

ビットトレードの取扱い通貨で特徴的なものと言えば。

ある程度、他の取引所と変わらず主要な通貨をカバーしていますが、ディープコイン・ジャスミー、そしてASTARの取り扱いがあるのは特徴的と言えます。

ビットトレードの主なサービス概要は

ビットトレードの主なサービスの概要は。

  • 貸し暗号資産 トレードしていない通貨を貸し出すことで増やすことが出来る
  • レバレッジ取引 レバレッジをかけての取引で大きく高騰を望める反面、リスクも伴います。
  • 積立サービスはなし。
  • コピートレードといったサービスも存在しません。

ビットトレードは、貸し暗号資産、イーサリアム(ETH)の募集を予定

ビットトレードは、貸し暗号資産で、上海アップグレードを記念して、定期募集としてで予定しているとのこと。

 

ビットトレード公式Twitter・貸し暗号資産、イーサを予定

 

ビットトレードには、貸し暗号資産に【特別募集】がある

ビットトレードには、貸し暗号資産の特別募集がある。

ビットトレードのサービスである、貸し暗号資産に特別募集として、過去にはパレットトークン(PLT)が募集されていました。

今後も、このような特別募集があるかは未定ですが、トレードの際のチャート分析など、特別なスキルがなくても資産が増やせるサービスですので、積極的に利用したいサービスではあります。

よう♪(筆者)
実際どれくらいの貸借料がもらえるかのシュミレーターがあるので計算してみることが出来ます。
BitTrade

BitTrade
>>BitTradeの”貸し暗号資産のシュミレーターは<コチラから>

ビットトレードのサービスのデメリットに感じるところは

ビットトレードのサービスでデメリットに感じることろは。

ビットトレードは、取扱い銘柄数も多いものの積み立てサービスがないのが、デメリットとと感じるところ。積極的にトレードしなくても、貸し暗号資産で増やすことが出来ますが、積み立てで運用できる積立サービスも欲しいところ。

ビットトレードの口座開設はどこ得?

ビットトレードの口座開設は、どこから開設するのが得なのか。確かに、何度も口座開設をするわけではないですが、お得な特典をもらえる形で口座を作りたいところです。

繰り返しになりますが、ビットトレードは比較的、他の取引所と比較すると口座開設時のキャンペーンの特典は豊富の傾向がありますので、そのまま公式サイトから申し込みをしても、大差なく損をしてしまうことはありません。

ビットトレードの口座開設をポイントサイト経由で申し込むならどこ得??

ビットトレードの口座開設をポイントサイト経由で申し込むなら、どこからがお得なのか??

例えばポイントサイトで有名なハピタスでもビットトレードの口座開設は出来ますが、ポイントアップ中でも1000円弱、しかもそのポイントは判定時間を要し、すぐにはもらうことはできません。

ビットトレードの特徴のまとめ

ビットトレードの特徴のまとめ。

国内取引所としては、取扱い通貨の多さは圧倒的で、各社、貸し暗号資産のサービスがあるものの【特別募集】として、利率の高い募集期間があるため、積極的なトレードをしなくても資産を増やすことが出来る。その反面、積立サービスがないので、その対応を今後、期待する。

積立サービスの対応があれば、”動”と”静”の両曲面からの資産運用ができる取引所として魅力が増すと思います。

  • 貸し暗号資産サービスに、特別利率の【特別募集】がある
  • 積立サービスはない

口座開設時のキャンペーンから、各種キャンペーンの特典の豊富さがピカイチ。まだまだ新規創設の取引所ですので、通貨そのものがもらえるなどの豊富なキャンペーンに期待できる。

  • まだまだ新規創設の取引所のため、ユーザー数は首位の取引所より少ないため、キャンペーンの抽選の当選確率は高いと言える。

ビットトレードもフレア(FLR)の取引開始!

2023年3月22日にビットトレードでもフレア(FLR)の現物取引開始で、入庫と出庫にも対応。

2020年のスナップショット時に、リップル保有者に対して、フレアが配布され、そのフレアをラップ&デリゲートすることで、報酬がもらえます。

ビットトレードでは、そのラップ&デリゲートの対応はありませんが、リップル社の大株主であるSBIの取引所では、そのデリゲートの代行を行っています。

ご興味ある方は読んでみてください♪

フレアデリゲートとステーキング報酬の双方でランキング1位なのは?

リップルの大株主であるSBIホールディングスの暗号資産取引所、SBI VC トレード、ビットポイントが、flare(FLR)トークンのラップとデリゲート代行を対応、入庫対応は、SBI VCトレードが対 ...

続きを見る

よう♪(筆者)
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

トップ画面へ

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 また、コイントレードには実物資産の金・銀 ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-ビットトレード, 国内取引所