SBI VCトレード

【解決】仮想通貨フレア、コインチェックはデリゲート対応なしは残念

2023-03-13

コインチェックは初回のデリゲート報酬配布後の2023年3月22日より、フレアトークンの出庫(出金)の対応を開始、フレアのラップ&デリーゲートの代行の対応はなく、自分で作業するか他の取引所へ入庫させてデリゲートを依頼するという形になっています。

また、DMM bitcoinも同年3月8日に初回配布を行い、デリゲート対応もなく、出庫もない状態となっており、この2社が対応の遅れ、デリゲート報酬を受けるのに難がある取引所となってしまっています。

結論を言いますと、SBI VCトレードにデリゲート対応を依頼するのをおすすめします。

ただ、SBI VC  トレードの入庫対応を確認する必要があります。

<SBI VCトレードのデリゲート対応(入庫対応))を確認する

少し、自己紹介させてください。

Twitterでは、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) 暗号通貨ブロガーとして発信していて、当ブログのように仮想通貨口座の開設プロモーションをやっています。

プロモーション提携の国内取引所提携

コインチェックでは、デリゲートの対応は見込めないとは思いますが、情報の確認は公式サイトで。

➡︎コチラからコインチェックのサイトに飛べます。
コインチェック
では、早速。

読みたい記事に飛べます

フレアトークンの残りの85%の配布の今後の国内取引所の対応は

フレアトークンの残りの85パーセントの配布の今後の取引所の対応は。

国内では、リップル(XRP)の大株主でもあるSBIホールディングスのSBI VCトレードが国内の取引所で初めて、フレアトークンの入庫、そしてラップ&デリゲート代行の対応を始め、SBIの完全子会社化したビットポイントジャパンも、販売所での購入からの、期間ごとに区切ってのラップ&デリゲートを開始。

次いで、ビットバンクとGMOコインも出庫、GMOコインにおいてはデリゲート代行までを対応。ビットフライヤーは、今後、デリゲート代行予定を表明。(2023年7月下旬・遅延の告知あり)

そして、2023年3月22日にビットトレードもエアドロップ初期配布としての15%分を配布と同時に取引開始。

フレアトークンの残りの85%は初回が3月17日からで月一回の配布で36ヶ月間に分けて配布

フレアトークンの残りの85パーセントは、月1回付与で、2023年3月17日より36回に分割して配布されます。

ご自身でデリゲートするか、デリゲートを代行させるためには出庫させて、デリゲート対応の取引所に入庫させる必要があります。

 

【国内のフレアトークンの対応についての表です】

取引 入庫 出庫 ラップ・デリゲート
コインチェック ✖️ ✖️ ○3月22日 ✖️
DMM bitcoin 現物取引 ✖️ ✖️ ✖️
GMOコイン ✖️
ビットバンク 板取引・販売所 ✖️
ビットポイント 販売所のみ ✖️ ✖️
SBI VC トレード ✖️
ビットフライヤー 販売所のみ ✖️

2023年上半期予定

ビットトレード

販売所

3月22日

✖️

※ビットトレードは、旧:フォビジャパンのことです。

>>SBI VCトレードのフレア入庫対応を確認する<<

SBI VCトレード

 

コインチェックはフレア(flr)、配布手数料まで取って、デリゲート未対応

コインチェックの初期のエアドロップ配布は2023年1月19日で、他の国内取引所と比較して遅くはなかったが、出庫対応もデリゲート対応も未発表。

また、このフレアトークンの配布に対して配布手数料を5%を取るなど、他の取引所と違う対応を取っている。

よう♪(筆者)
コインチェック、配布の手数料まで取るなんて、さすがコインチェックって感じもする

コインチェックで、フレアトークンを配布された人は3月17日配布分のデリゲート報酬は受け取れない

コインチェックで、フレアトークンを配布された人は、3月17日に配布されるデリゲート報酬は受け取れませんでした。

コインチェック自身が、デリゲートを対応を行っていないことと、出庫対応が3月17日には間に合いませんでした。

今後、自身でデリゲート作業するか、出庫させてデリゲート代行させるかの選択となります。

よう♪(筆者)
コインチェックで配布を受けた方がデリゲート代行を【今すぐ】利用する場合は

コインチェック➡︎➡︎➡︎SBI VCトレード入庫&デリゲート代行

コインチェック➡︎➡︎➡︎GMOコインに入庫&デリゲート代行

 

DMM bitcoin(DMMビットコイン)フレアトークン初回配布遅くデリゲート対応無し

DMM bitcoin は、フレアトークンの初回配布は2023年の3月8日で、デリゲート対応の発表もありません。

よう♪(筆者)
DMM bitcoinで配布を受けた人は、出庫を待つしかありませんね。

国内の取引所のフレアトークンの初回配布は、2023年1月に多くの取引所が対応を行いましたが、DMM bitcoinが遅めの配布となり、

次いで、3月22日にビットトレード(旧:フォビジャパン)が配布の対応となりました。

DMM bitcoinでフレア配布を受けた方は自分でデリゲート作業するしかありません。

DMM bitcoinで、2023年3月8日にフレアトークンの初回配布を受けた方は、自分でデリゲート作業するしかないという状態です。

デリゲートの対応を行わないとしても、せめて出庫の対応を期待したいところとなっているのが現状です。

よう♪(筆者)
DMM bitcoinの各サービスの対応を待つか、自身で作業をするかの選択しかありません。

ビットバンク・ビットフライヤーはフレアを出庫させてデリゲート代行に対応可能

ビットバンク・ビットフライヤーは、フレアを出庫させてデリゲート代行させることが出来ます。

 

ビットバンクとビットフライヤーで初回配布を受けた方は、出庫が可能となっていますので、デリゲート代行させることが出来ます。

ビットフライヤーも2023年の上半期中にデリゲート対応の表明だけはしていますが、その対応を待つと機会損失となってしまいます。

デリゲート代行させる手段としては、SBI VCトレード・GMOコインに入庫させるという形になります。

よう♪(筆者)
ビットバンクとビットフライヤーでフレアを保有している方は共に、下記のようになりますね♪

➡︎➡︎➡︎SBI VCトレードに入庫&デリゲート代行

➡︎➡︎➡︎GMOコインに入庫&デリゲート代行

ビットバンクではフレア(flr)を板取引・販売所形式で追加購入、出庫させデリゲートさせれる

ビットバンクでは、フレアを板取引と販売所形式で追加購入して、出庫させてデリゲート代行を利用できます。

ぎもん君
ビットバンクがデリゲート対応してくれるといいのになぁ

フレアトークンの価格は5円台、トレード(板取引)して出庫が可能

フレアトークンの価格は5円台を推移していますので、トレードして多くのフレアトークンを持つことで、デリゲート報酬を増やすという選択肢もあります。

ビットフライヤーでは、フレア(flr)を販売所形式で購入が可能で、出庫させデリゲートさせれる

ビットフライヤーもフレアの購入が可能で、追加購入で、出庫させデリゲート代行をさせることが出来ます。

2023年上半期中にはデリゲート対応をするという表明だけはしているところです。

フレア、初回配布を受けていなくても今から購入して出庫、デリゲート代行利用可能

フレアトークンを、初回配布で受け取っていなくても、今からフレアトークンを購入して、出庫させてデリゲート代行させることは出来ます。

上記で解説したように、ビットバンクorビットフライヤーで購入して、SBI VCトレード・GMOコインに入庫させてデリゲートしてもらうことも可能です。

結論、SBI VC  トレードで取引してデリゲートが1番早いと思います。

 

国内取引所のフレアトークン・デリゲートの対応まとめ

国内取引所のフレアトークンのデリゲートの対応と、今後の対応のまとめ。

今現在、国内の取引所でのデリゲート代行を行なっている取引所は、3つの取引所だけです。

今後、2023年上半期中にビットフライヤーもデリゲート代行対応の予定となっていますが、7月現在、遅延の告知が出ています。

 

よう♪(筆者)
最後まで、お読み頂いてありがとうございました。

他にもフレアトークンについての記事をブログで公開しております。合わせて読んで頂けると嬉しいです。

フレアデリゲートとステーキング報酬の双方でランキング1位なのは?

リップルの大株主であるSBIホールディングスの暗号資産取引所、SBI VC トレード、ビットポイントが、flare(FLR)トークンのラップとデリゲート代行を対応、入庫対応は、SBI VCトレードが対 ...

続きを見る

トップ画面へ

 

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 また、コイントレードには実物資産の金・銀 ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード