SBI VCトレード

SBI VCトレードのアプリが最強すぎる!トレーダーモードも可能だ!

2024-03-11

仮想通貨取引所での通貨の売買には、販売所・取引所(板取引)形式があり、コインチェックのモバイルアプリでは、板取引は出来ませんが、SBI VCトレードのVC TRADE mobile(アプリ)では可能です。

 

各取引所は提供されるサービスも異なり、機能もパソコン版・モバイルアプリ版とでも異なります。

そこで、今回はSBI VC トレードのアプリの特徴、また提供されているサービス等について、ご紹介します。

よう♪(筆者)
私は、国内取引所10社のご紹介をしています。

SBI VCトレードのリアルタイムなサービス・口座開設キャンペーン・各種キャンペーンをXでポストしてます。

Xアカウント:よう♪SBI経済圏ブロガー

 

【各種キャンペーンをCheck!】

\口座開設後の紹介コードをゲットする/

\毎月、最大、紹介コードで1万円/

この記事の内容は

SBI VCトレードの各種サービスの要点を解説、深掘りした解説を、他の記事で準備しています。

読みたい記事に飛べます

SBI VCトレードで提供されているサービスまとめ、その特徴とは

主要な国内取引所において、レバレッジ取引がない、ステーキングサービスがない取引所など、さまざまですが、SBI VCトレードでは全てのサービスを網羅しているといっても過言ではないと思います。

フレアのデリゲート代行とステーキングサービスがあるのが特徴。NFTマーケットプレイスとしての独自開発のWeb3ウォレットも備えられている。

そして、今後のデジタル決済や、ステーブルコインの国内流通への取り組みとして、ステーブルコインのUSDCの取扱いを予定している。

  • 独自に開発した、自動”円転”機能を搭載したWeb3ウォレット(NFTマーケットプレイス)
  • フレア(FLR)のラップ&デリゲート代行のサービスを国内初で提供
  • 今後のデジタル決済に向けて、ステーブルコインのUSDCの取扱いを国内初で発表した

SBI VC トレードの取扱い通貨は

ソラナ(SOL)ステーキング

SBI VC トレードの取扱い通貨数は、ビットバンク・ビットトレードより10銘柄ほど少ない取扱い数で、海外取引所でトレードできるアルトコインなどを上場させるような、オーケーコインジャパン・ビットバンクと比較すると、いまいちインパクトに欠ける感がある。

ただし、むやみに新規通貨を上場させるのではなく、銘柄の選定に根拠を持って新規取扱いをしていく方針とのこと。

□■SBI VCトレードの公式サイトで、取扱い通貨を見てみる

SBI VC トレードで、チャート分析したり積極的にトレードしたい人へのサービスは

モバイル版でも、板取引が可能で外出先からでもトレードが可能で、レバレッジ取引も可能です。

個人のレバレッジ取引は、日本国内では2倍までですが、SBI VC トレードでは、現物を担保にレバレッジ取引が可能となっている。

【これはヤバい!】SBI VCトレードでは、暗号資産を担保、証拠金としてトレードができる

SBI VCトレードでは暗号資産(仮想通貨)を担保にして、ロング(買い)だけでなく、ショート(売り)から入ることもできます。

暗号資産(仮想通貨)を担保に、レバレッジ取引が可能なのは、国内では、SBI VCトレードだけとなっています。

□■SBI VCトレードの公式サイトでレバレッジ取引の詳細をみてみる

■□暗号資産CFDもSBIグループのSBI FXトレード・暗号資産CFD

【チャート分析が嫌!】SBI VCトレードでビットコイン積立がしたい!

SBI VCトレードでは、取扱い通貨の全てが積立サービス対象となっています。(取扱い通貨全てが対応しない積立サービス提供の取引所もあります:ビットトレード

ワンコインの500円から積立が可能で、積立頻度も多く、ドルコスト平均法(分散投資)に準じた、毎日・毎週・毎月と、銘柄ごとに設定が可能なサービスとなっています。

積立てしている通貨(POS銘柄:プルーフ・オブ・ステイク)に対して、ステーキング報酬も受け取りが可能です。

【これはしょうがない】SBI VCトレードの積立てサービスのデメリットとは

SBI VCトレードの積立サービスも、銀行口座からの自動引き落とし機能はなく、その都度の入金が必要となります。

ぎもん君
500円から積立可能だから、銀行口座引き落とし機能は馴染まないのかもね

【Web3資産運用】SBI VCトレードの貸コイン(レンディングサービス)・ステーキングサービスとは

SBI VCトレードには、”貸コイン”という名称のレンディングサービスとステーキングサービスが提供されており、今後の金融資産運用の主流となり得る両サービスの提供は、国内取引所中では群を抜いています。

□■レンディングサービスとステーキングサービスの違いが曖昧な方はコチラの記事へ

特筆すべきは、ステーキングサービス対応の通貨数が国内ではトップクラスで、ビットバンクの関連企業であるステーキング特化の販売所のコイントレードと勢いを二分しているところです。

□■主要な国内取引所のステーキング対応を、一気に見てみたい方はコチラの記事へ

SBI VCトレードの”貸コイン”レンディングサービスの特徴は

SBI VC トレードの貸コイン(レンディングサービス)の特徴は、常時募集されているものではなく、その都度、募集が告知されるタイプとなっています。

【レンディングの定時募集タイプ】

【レンディングの募集告知タイプ】

【RWA銘柄のあの通貨も!】SBI VCトレードのステーキングの特徴は、国内独占銘柄が多い

ステーキングといえば、SBI VC トレードといっても過言ではないくらいに、国内では取扱い数が多く、また国内独占の通貨のステーキングも提供している。

ぜひとも、別記事でまとめているので、読んで欲しいと思います。

こちらもCHECK

SBI VC トレードステーキング
【特徴】SBI VCトレード、RWA銘柄のXDCのステーキングが可能だ!

SBI VCトレードは、2024年5月15日に、アプトス・へデラハッシュグラフのステーキング対応を開始。 SBI VCトレードと合弁会社を設立するなど、強いパートナーシップのXDCがRWA銘柄として注 ...

続きを見る

最後にまとめ

SBI VCトレードはモバイルアプリでも取引所形式(板取引)で、レバレッジ取引も可能となっており、また国内では珍しい、現物を担保にしたレバレッジ(ショートからも可能)が特徴となっています。

  • 現物を担保にレバレッジ取引が可能なのは国内ではSBI VC トレードのみとなっている

チャート分析などによらず、資産運用をしたい方には、積立サービス、レンディングサービス・ステーキングサービスも充実

  • 国内ではステーキングサービス提供銘柄の通貨数がトップクラスであり、国内独占の通貨の占める割合が高い
  • レンディングサービスは、その都度の募集で時には、犬系コインの募集をすることもある
  • 積立サービスで運用中の通貨に対してもステーキング報酬の受け取りが可能
よう♪(筆者)
最後まで、お読み頂き誠にありがとうございました。

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 AI銘柄のNEARの取り扱いがあるのが珍しく、実物資産の金・銀・プラチナ( ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード