SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(155人以上紹介)

ビットポイントはディープコイン・クレイ・ジャスミーがアツい!

2022-08-17

ビットポイントの親会社であるリミックスポイントがSBI傘下になり、2022年12月末にはSBIがブロックチェーンゲーム開発のgumiと業務提携したことにより、ブロックチェーン関連の暗号通貨の上場がSBI VCトレードとビットポイントへと予想される。

ぎもん君
ビットポイントってマイナーなイメージあるけど、何か特徴とかあるのかなぁ?
よう♪(筆者)
どこの国内取引所も、似たような取り扱い通貨で、なんかレアな銘柄ないかな?って迷いますよね。

そんな悩みにお答えします。

少しだけ、自己紹介させてくださいね♪

Twitterで、よう♪ビットポイント【SBI経済圏】ブロガー♪、国内暗号資産取引所について発信していて、

大手仮想通貨メディアサイトのライターでは、書けないようなことも、このブログで記事にしていたりしています。

本記事では、ビットポイントの取り扱いで、特徴的な銘柄を3つ紹介します。

  • ディープコインは、オーケーコインジャパン、ビットポイント、そして2022年11月にビットトレードに上場。
  • クレイは、ビットポイントのみで長らく取り扱いされていたが、オーケーコインジャパンにも上場。
  • ジャスミーは、ビットトレードにも上場しています。

私からの

紹介コード付きで口座開設できます

最低・500円分増しでプレゼントもらえる

カカオ社開発のKLAY(クレイ)はNFT、メタバース関連のトークン(TONコインのライバルか?)

KLAY(クレイトン)

カカオトークのカカオ社の開発のクレイ(KLAY)とは。

クレイとは、メッセージアプリのカカオトーク・マンガアプリのピッコマを運営するカカオ社の独自パブリックチェーン「Klaytn」(クレイトン)で発行される通貨です。

 

この独自チェーンはEVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性があり、処理速度は、かなり高速で、このクレイトンブロックチェーン上で、NFTの発行もできて、メターバース分野にも展開していく。

運営には、日本のgumiやバイナンスも関わっている。

ビッポ親会社のSBIがgumiと提携

SBIホールディングスと、ファイナルファンタジーのスクエニが、gumiと資本業務提携を2022年12月22日に発表。 ブロックチェーンゲームの開発など、NFTの販売やトークン売買、メタバース関連のWe ...

続きを見る

 

クレイトン財団はOpen Seaともパートナーシップを締結していて、アジアにおけるNFTエコシステムの拡大にも注力している。

 

ブロックチェーンゲーム(ジョブトライブス)・NFTのディープコイン(DEA社)は、楽天NFTとも業務提携

ディープコイン(DEA社)は、楽天NFTやテレビ東京とも業務提携。

運営はDEA社で、シンガポールに本拠地を置き、開発には日本人がかかわっており、日本国内のプロジェクトに近しいものがあります。

楽天との業務提携、テレビ東京とも提携をすすめているなど、日本のIPへの発展への期待が膨らみますね。

日本のアニメやゲームのキャクターの知的財産権IPを積極的に扱っている。

日本の有名マンガのNFT

  • ドラゴン桜
  • 地獄先生ぬ〜べ〜
  • インベスターz
  • 賭博黙示録カイジ

 

ゲームで遊んで稼ぐを実現するディープコイン

【Play Mining プラットフォーム】Play to earnでディープコインがもらえる

ディープコインで遊べるゲームの例

  • ジョブトライブス
  • ラッキーファマー
よう♪(筆者)
ディープコインは、アニメ・マンガ・ゲームといった、いわゆるオタク系に使われるコインといったイメージですね♪

 

ジャスミーが買えるのはビットポイントとビットトレード(フォビジャパン)のみ

ジャスミーが買えるのはビットポイントとビットトレードのみ。

ジャスミーとは、元ソニーのOBが携わるプロジェクトで、 IOT(モノとインターネット)技術の開発をしている国産のプロジェクトとなります。

ジャスミーとえば、ビットポイント、ビットポイントといえばジャスミーといったイメージがあります。

ビットポイントは、出金手数料無料なので、ビットトレードのジャスミーの貸暗号資産(レンディング)の特別募集で、増やすという選択もありかと思います。

よう♪(筆者)
下記の記事では、シャスミーのレンディングについても解説♪
ビットトレードの貸暗号資産(レンディング)の特別募集はチャンス!

ビットトレードの貸暗号資産には、定期募集とは別に【特別募集】があるので、開催時には利用するのがおすすめです。 国内取引所には、さまざまな貸暗号資産(レンディング)サービスがあり、どの取引所を利用しよう ...

続きを見る

ビットポイントの”貸して増やす”(レンディング)のレンディングの意味って何?

レンディングとステーキングの違いが分からない方は、下記の記事も参考にしてみてください。

貸し暗号資産(貸しコイン・レンディング)、ステーキングとの違いは

仮想通貨(暗号資産)を、激しくトレードしなくても、暗号通貨を貸し出すことで、貸借料で資産を運用することは可能です。これと類似しているサービスにステーキングというものがあります。 よう♪(筆者)色んな名 ...

続きを見る

 

よう♪(筆者)
ディープコイン・クレイに興味を持ってビットポイントの口座を作ってみようかなって思った方へ。

当ブログのような個人サイトだから言える、どこから口座開設すると1番、得するのか?また、その理由を書いた記事。

あわせて読んみてくださいね♪

ビットポイントブログ【紹介コード付き】かどうかで口座開設特典が違う 

2022年にある意味、ビットポイントはSBIの傘下になりました。

2022年、ビットポイントの親会社であるリミックスポイントがSBIと資本業務提携、よってビットポイントもSBI傘下となる。

SBIの強力なバックアップで、期待できる銘柄を上場させていくものだと考えられます。

よう♪(筆者)
ブロックチェーンゲーム開発やメタバースの開発が進めば、そのトークン(暗号資産)がビットポイントへ上場されていきますね♪

私からの

紹介コード付きで口座開設できます

最低・500円分増しでプレゼントもらえる


SBI はNFTを、円で売買できるWeb3ウォレットを提供

NFTアートに限らず、ローソンチケットなどのNFTの機能性の商品、多岐にわたる税制の問題を簡略できるという業者側、ユーザー双方にメリットある円で購入できるWeb3ウォレットを2023年1月25日にポリ ...

続きを見る

Web3ウォレットでNFTを買うのにメタマスクが不要になる。

【メタマスクが不要になる!??】 2023年にSBIが”円”でNFTを購入できる、自動円転機能を備えた、Web3ウォレットを提供。 サービスを利用するには、SBI VCトレードの口座が必要となります。 ...

続きを見る

トップ画面へ

 

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(155人以上紹介)