SBI VCトレード SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(155人以上紹介) SBIグループ(SBI証券・SBI経済圏)

SBI はNFTを、円で売買できるWeb3ウォレットを提供

2022-11-30

NFTアートに限らず、ローソンチケットなどのNFTの機能性の商品、多岐にわたる税制の問題を簡略できるという業者側、ユーザー双方にメリットある円で購入できるWeb3ウォレットを2023年1月25日にポリゴンチェーンのMATICで提供開始。

ぎもん君
Web3ウォレットって抽象的で、なんか分からないなぁ

そんな、お悩みにお答えします。

本記事を読むことで、Web3ウォレットをローンチしたSBIグループとは一体どんなWeb3を展開していくのかと、Web3ウォレットの仕組み、そしてNFTが日本の今に浸透する前に先取りができます。

その前に少し自己紹介させてください。

Twitterで、よう♪ビットポイント(SBI)暗号通貨ブロガーとして、暗号通貨や国内暗号資産取引所の口座開設のプロモーションをしています。

本記事では、SBIのWeb3ウォレット開発、今後の展開のブロックチェーンゲーム、メタバース開発から、ビットポイントの親会社のリミックスポイントとの業務提携、またSBI VCトレードも含め、SBI経済圏のシナジーから、Web3ウォレットのローンチについて、ビットポイントブロガーの視点で解説していきます。

今後、SBIはブロックチェーンゲーム・メタバースの暗号通貨なども、SBI VCトレード・ビットポイントに上場させる流れ、ゲームアイテム、メタバースでのアバターアイテムのNFTなど、各プロジェクトの提携が進むので、事前の準備をおすすめします。

 

SBI VCトレード・日本円オンチェーンNFT売買のSBI Web3 ウォレットを1月25日にローンチ

SBIが、2023年1月25日、日本円だけで、オンチェーンNFT売買のできるWeb3ウォレットの提供開始。

暗号資産を直接的に持たなくても、SBI NFT マーケットで、オンチェーンで、日本円で国内初でNFTを売買することができる。

まずは、ポリゴンネットワークにて提供開始。

利用にはSBI VCトレードの口座がないとログインができません。

SBI VCトレードの口座開設がコチラでできます。

ぎもんお姉さん♪
NFTを買うのに、メタマスク?イーサを買う?

ハードル高いですもんねぇ、円で買えるならいいけど、それも簡単なのかなぁ〜

よう♪(筆者)
NFT利用事業者にも、ユーザーにも暗号資産を扱わないから、課税ポイントがない、

つまり、税制のことを考えなくてもいいですね!簡単だし、これは大きなメリットですね♪

 

NFTには、アートの側面以外にも、会員権、チケットといったもの含まれるので、業者が会員権やチケットを、NFTとして

販売される際に、その都度、暗号資産特有の課税ポイントが発生しない、つまり税制を考えなくて済むというメリットがあります。

【日本初】SBI Web3ウォレットは、自動円転機能を搭載

SBI Web3ウォレットは、自動円転機能を搭載で、円で取引いているような使いやすさ。

SBI Web3 ウォレットが、暗号資産を円に交換し、スムーズなお取引ができます。

我々、ユーザーや、ウォレット導入業者の暗号資産の売買、NFTの売買、また保管までの全ての機能を備えている。

 

SBI Web3ウォレットの特徴・将来性と将来像

SBI Web3ウォレットの特徴、そして将来性とは。

NFTと言っても、PFP(Twitterアカウントのプロフィール画像)だけではなく、会員券、証明書、チケットなどの機能の側面もあります。

よう♪(筆者)
こうして、書いてるブログさえもNFT化が出来ますよ

ブロックチェーンゲームのゲーム市場から、またゲーム内でのアイテムグッズ、、あとはすでにローソンチケットのNFT化されていますが、チケット販売、他には電子書籍や、自治体との連携、ふるさと納税。

そして、各種のポイント経済圏や決済市場などに展開。

ポイント

・ゲーム市場 ・コンテンツ、グッズ市場・チケット販売・電子書籍・ふるさと納税・各種のポイント経済圏・決済市場

SBI VCトレード、そしてSBIの傘下にあるビットポイントには、ブロックチェーンゲームやメタバース銘柄を上場させていく流れになるので、ブロックチェーンゲーム内のアイテムなどのNFTも含め、今後のメタバース開発が進めば、その空間に入るチケットとしてのNFTなどに使用されるなどの展開に期待。

【将来有望】SBI Web3ウォレット・チューリンガムと提携

SBIから日本円でNFTが買えるWeb3ウォレットが2023年1月25日にローンチ。当ブログ運営、よう♪ビットポイント(SBI経済圏) 暗号通貨ブロガーの私がWeb3ウォレットについてと、今後の展開に ...

続きを見る

【コネクTVの動画あり】SBI Web3ウォレットの特徴は

この動画の36分あたりのところで、Web3ウォレットの話題について話されています。

Web3ウォレットの特徴は。

SBI VCトレードの口座開設しておくだけで、日本円に自動転換され、簡単にNFTを購入でき、その後の保管までと、

また、他のウォレットとの互換性と、一気通貫にサービスが受けれる。

Web3ウォレットの特徴

  • 自動円転機能で、暗号資産不要でNFT取引が可能
  • SBI VCトレードが暗号資産・NFTを安全に管理
  • メタマスクなどのウォレットともNFTの取引は可能

Web3ウォレットのユーザー側のメリットは

Web3ウォレットのユーザーのメリットは。

暗号資産の購入、メタマスクの作成をしなくて、円でNFTを購入できる。

また、購入後、そのまま、ハッキングリスクの低い状態での保管ができる。

ぎもん君
ま、SBI VCトレードの口座は作らないといけないから、暗号資産を買うのは簡単じゃんとか思ったけど、

暗号資産とNFTを買うと課税されるから、現金で買えるメリットは大きいねー!

よう♪(筆者)
ユーザーのメリットは

  • SBI VCトレードに口座開設するだけで、NFTを売買、保管もできる
  • 暗号資産でも、日本円でもNFTを購入できる
  • 円で購入できるので課税されるポイント無し

2023年2月・SBIがリミックスポイントと提携たその後、ビットポイントが完全子会社化へ

2022年5月にSBIがリミックスポイントと業務提携し、ビットポイントが子会社化へ。

SBIがリミックスポイントと業務提携することで、ビットポイントもSBIの傘下となっている。業務提携した後、2023年2月完全子会社化となりました。

 

よう♪(筆者)
やはり、SBI経済圏ってすごいですよね!証券だけじゃないんですね。

SBIホールディングス、SBIの経済圏を株式投資と仮想通貨投資を比較しながら解説した記事がコチラにあります。

リップルの大株主でもあるSBI、仮想通貨、ブロックチェーン事業の拡大を目指している

よう♪(筆者)
ビットポイントの国内外への株式市場への上場か!?

ネット証券、ネット銀行、アセットマネジメントの主軸の事業から仮想通貨事業への拡大。

仮想通貨取引所自体の買収は、考えていないとのこと。

リップルの大株主SBIでのフレア・デリゲート対応

リップルの大株主であるSBIホールディングスの暗号資産取引所、SBI VC トレード、ビットポイントが、flare(FLR)トークンのラップとデリゲート代行を対応、入庫対応は、SBI VCトレードが対 ...

続きを見る

SBI(北尾CEO)、リミックスポイントとの資本業務提携での暗号資産関連業務分野は

  • SBIクロスマーケティングによる、ビットポイントの口座数の増加を目指す。
  • ビットポイントの暗号資産取引の流動性の向上
  • 全世界においての、厳選された有望銘柄を、国内初で取り扱う事によるビジネスの拡大

SBI(北尾CEO)、リミックスポイントとの資本業務提携でのWeb3関連分野は

  • WEb3.0関連、メターバース事業においての協業
  • メタバース関連のファンドの組成・運用に取り組む

SBIホールディングスの北尾CEOが代表理事を務めている、日本デジタル空間経済連盟に、リミックスポイントの代表取締役の

小田玄紀氏が理事に就任。SBIと業務提携したgumiも加盟。

  • 日本デジタル空間経済連盟にgumi(メタバース:国光氏創設)も加入

SBIの北尾CEOが代表理事を務める日本デジタル空間経済連盟、ビットポイント親会社のリミックスポイント小田氏も理事として務める連盟に、gumiも加入。

gumiはブロックチェーンゲーム、メタバース開発の会社で、SBIとファイナルファンタジーで有名なスクエアエニックスとも提携。

ビットポイントに2022年8月に国内で初上場したKLAY(クレイ)の開発にも関わっている。

コインチェックでのIEOのフィナンシェのCEOは、”メタバースといえば国光氏”の、その国光氏が現CEOだが、もとは国光氏がgumiの創設者です。

合わせて読んでほしい記事は下記です。

SBI・スクエニと提携したgumiも日本デジタル空間経済連盟に加入。

gumiも日本デジタル空間経済連盟に加入

SBIホールディングスと、ファイナルファンタジーのスクエニが、gumiと資本業務提携を2022年12月22日に発表。 ブロックチェーンゲームの開発など、NFTの販売やトークン売買、メタバース関連のWe ...

続きを見る

リミックスポイントがSBIと業務提携したことのビットポイントの将来性は

リミックスポイントが、SBIと業務提携したことでの、ビットポイントの将来性は。

  • SBIの顧客からのビットポイント(暗号通貨)への流入が見込まれる
  • SBI傘下のイギリス企業から流動性の提供、出資先の暗号資産を上場させることができる

紹介コード組み込みリンク

ビットポイント口座開設こちらから

SBI経済圏の先取り!

ビットポイントの口座開設時の紹介コードの特典について、こちらの記事で解説しています。

国内の最大手2社、コインチェック・ビットフライヤーの暗号資産取引所の口座数は、150万口座、ビットポイントは20万口座。

SBIとの業務・資本提携で、SBIの持つ顧客基盤からの流入、顧客拡大が見込まれる。

また、自民党が進めているWeb3.0の発展、推進により税制の改正が進むものと期待されることや、国内の取引所への暗号資産の

新規上場がスムーズになったことが、追い風となり、ビットポイントの将来性へ後押しできるものと期待できる。

ビットポイント推しのディープコイン

ビットポイントの親会社であるリミックスポイントがSBI傘下になり、2022年12月末にはSBIがブロックチェーンゲーム開発のgumiと業務提携したことにより、ブロックチェーン関連の暗号通貨の上場がSB ...

続きを見る

ブロックチェーンゲームの銘柄がビットポイントとSBI VCトレードに上場していく。

よう♪(筆者)
小田社長は個人的に、P2E、ゲーム領域の暗号資産の拡大に期待しているとのこと。

おそらく、DEA社のディープコインとかを指しているものと思われます

ビットポイントは、IEO(取引所自体が、トークンを審査して上場させる)といえば、コインチェックというイメージだが、ここにおいては、価格の公正性・客観性の面で慎重で、プログラムで実行する金融取引、Defiにおいては、ハッキングへの懸念からも、これらへは、まだ議論を要するものと考えているようです。

最後に:まとめ

よう♪(筆者)
2023年1月25日、Web3ウォレット提供開始!!

SBIの記事として公開したつもりが、どちらかというとビットポイントよりの記事となってはしまいましたが、

私的には、暗号資産業界に変革が起きていくのではという予測から、総論的に、SBIとリミックスポイントからの、暗号資産業者のビットポイントの 関係性に触れて、記事にしてみました。

証券や暗号資産、投資の側面からの口座(デジタルウォレット)の普及が拡大するのではと、個人的に予測しています。

 

SBIは、ユーザーにも、NFTを扱う業者にも”円”でのNFT購入で、税制面の煩わしさ解決する、Web3ウォレットを開発。

ビットポイントの親会社のリミックスポイントとの業務提携。

これによって、ビットポイントは、クロスマーケティングの恩恵を受け、暗号資産の税制の改正、新規取り扱い銘柄上場の簡素化、

SBIの恩恵を受ける形で流動性のある暗号通貨銘柄を期待できるなど、追い風として味方につけ、暗号資産交換業者のトップを目指す。

最後まで、長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

トップ画面へ

 

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード, SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(155人以上紹介), SBIグループ(SBI証券・SBI経済圏)