SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(300人以上紹介)

【ビットコインETF今後】半減期に向けての積立おすすめ取引所3選

ビットコインのETF承認後、投資商品としての認知が高まる昨今、基軸通貨であるビットコインへの大衆の認識が高まるなか、仮想通貨投資経験者、初めてビットコインに触れる方に対して送りたい言葉、投資は気絶しておけ!

ビットコインは他の金融資産と違って、4年を周期に上昇していくというパターンがあります。

そこで、その4年の周期に対して、静的なトレードの基本原則である、ビットコイン積立について、本記事で解説させていただきます。

よう♪(筆者)
よう♪:国内仮想通貨取引所のプロモーション提携10社の私が解説します

本記事の対象となる方

  • 初めてビットコインに触れる方
  • ある程度の仮想通貨投資経験はあるが、トレード用のビットコインと別にして積立で保管用の口座を検討している方

【仮想通貨】ビットコイン積立ては、どの取引所がおすすめ?選び方も徹底解説!

国内取引所には、仮想通貨(暗号資産)の積立てサービスを提供するところが数社あり、そのサービス内容も各社さまざまですが、一つだけ大きな違いがあり、それは積立を行う際の入金、銀行口座からの自動引き落とし機能があるかどうかです。

  • ビットコイン積立サービスの取引所選びのポイントは、銀行口座からの自動引き落とし機能の有無

【仮想通貨】積立てサービス自動引き落としサービスは2社だけ(クレカ積立て不可)

仮想通貨の積立てサービスの自動引き落としの機能サービスがあるのは、国内取引所では2社だけとなっており、あくまでも積立は日本円のみで、クレジットカードでの積立ては出来ません。

  1. コインチェック
  2. ビットポイント

国内で銀行口座かの自動引き落とし機能があるのは、2社のみとなっており、仮想通貨のトレードを頻繁に行う人でも、資産を別に保管するという意味でも、コインチェックで積立てサービスを利用している人もいます。

ただし、あくまでも積立てサービス利用だけであって、間違ってもコインチェックでの仮想通貨のトレードは手数料の高さから、おすすめはしません。

よく読まれている記事

1

SBI VCトレードは、SBIグループの暗号資産取引所で、20銘柄弱の取扱い通貨数で、幅広いサービスを提供。銘柄選定にこだわった通貨を上場させ、特にステーキングとレンディングサービスの拡充に力を入れて ...

ソラナ(SOL)ステーキング 2

コイントレードは、ステーキングサービスの提供が多く、ステーキング特化の取引所(販売所)として評判高く、ステーキング運用専用としてのサブの口座としてお勧めです。 また、コイントレードには実物資産の金・銀 ...

3

オーケーコインジャパンの取扱い通貨数は、40銘柄にもおよび、アルトコインの有望なカテゴリーでもあるRWA銘柄やDePIN銘柄の(ディーピン)板取引も可能で、海外取引所に扱われている通貨を上場させるなど ...

4

松井証券のYouTubeチャンネルの【カンニング竹山のFXトーク】に、FXトレーダーさんが出演され、その中に、ジュンFXさんや、あとは暗号資産トレードも得意とする、ひろぴーさんも出演されていました。 ...

5

SBI グローバルアセットマネジメントの株主優待XRP(リップルの)受取り方には、SBI VCトレードの口座が必要になりますが、その口座の作成の際の注意点を解説。 2024年3月期の株主優待の受取りが ...

6

海外取引所で取り扱われているAI銘柄・RWA銘柄・DePIN銘柄・モジュラー銘柄の板取引が可能なビットバンクの評判について解説していきます。 よう♪(筆者)よう♪:コインチェック・ビットフライヤーが使 ...

※アフィリエイト広告を利用しています。

-SBI VCトレード・ビットポイント紹介コード(300人以上紹介)